Support

製品の正しい取扱い方

ケースについて

ご購入された製品内に取扱説明書が添付されていますので、大切に保管してください。製品ごとの詳細な取扱説明書(PDF)は、製品情報ページにございます。

ケースの取扱説明書(PDF)はこちら

ご購入後又は商品到着後、取扱説明書に基づき、製品に使用上の問題がないことをご確認下さい。特にロック部分の動作等はご使用の日程に応じ、余裕をもってご確認頂くことをおすすめ致します。

※他の通行人との接触や衝突も増えております。ご使用の際には十分にご注意ください。

当製品はキャスターを使用し、4輪で押して運搬する(A)、または後輪2輪で引いて運搬する(B)ことを想定して設計されています。

(A) 4輪で押して運搬

引き方

(B) 後輪2輪で引いて運搬

引き方

下図のように、横向きで2輪で引いて運搬する(C)、前面側の2輪で引いて運搬する(D)、キャリーハンドルを伸ばし過ぎた状態で後輪2輪で引いて運搬する(E)など、想定外の運搬方法を行うと、ケースの破損や思わぬ事故等につながる恐れがあります。

(C) 横向きで2輪で引いて運搬

※ファスナーやフレーム本体にダメージを与える可能性があります

引き方

(D) 前面側の2輪で引いて運搬

※本体やキャスター部分にダメージを与える可能性があります

引き方  

(E) キャリーハンドルを伸ばしすぎかつ、後輪で引いて運搬

※本体やキャスター部分にダメージを与える可能性があります

引き方  

Ⓔキャリーハンドルを伸ばしすぎた状態かつ、後輪で引いて運搬
※本体やキャスター部分にダメージを与える可能性があります

引き方  
各部の名称/使用方法と注意

ファスナータイプ

ファスナータイプの製品説明 ファスナータイプの製品説明ファスナータイプの製品説明
キャリーハンドル
ケースを押したり、引いたりする際に使用する取っ手です。持ち手部分の上にあるボタンを押すことで、パイプを伸縮することができます。高さを調節する際は、押しながら一番上まで伸ばしてください。その後、再度ボタンを押しながらハンドルを下に押し戻してお好みの長さに調節してください。すべて伸ばし切らずに止めると、ロックが掛からず故障や事故の原因となります。
使用方法
ボタンを押してパイプを伸縮します。小型タイプは一旦ボタンを押したまま一番上まで伸ばします。
注意点
本体を持ち上げたり、過度の負荷をかけないで下さい。故障、事故の原因になります。階段などで持ち上げる際には使用しないでください。
本体ハンドル
階段などで本体を持ち上げる際にご使用下さい。
ファスナー金具
ケースの開閉や施錠をする際に使用します。
注意点
本体を開ける際は、必ずファスナーを全開にした状態にして下さい。破損、もしくは使用不可の原因となります。
ファスナーロック部品
ファスナーの引手金具をロックのホルダーに挿入し施錠/解錠をします。
中仕切り
内容物の荷崩れを抑えます。ポケット付きのものは小物の収納も可能です。
中仕切り留め具
中仕切りを枠に固定するために使用します。
注意点
内容物が多い時は無理に固定しないでください。故障の原因になります。
クロスベルト
中仕切り同様、内容物の荷崩れを抑えるために使用します。
キャスター
ケースを移動する際に使用する車輪です。タイプによりブレーキ機能の付いたものもあります。
注意点
荷下ろしや階段で大きな衝撃を与えるとキャスター部品や本体が破損する場合があります。
車軸にビニールやひもなどが巻き込まれると回転しなくなる場合があります。
坂道や電車内等で不用意にケースが動き、思わぬ事故になる場合があります。
底足
ケースを横向きにして置く際に使用します。
フロントシェル
ケース本体部分の前面です。
バックシェル
ケース本体部分の背面です。

フレームタイプ

ファスナータイプの製品説明 ファスナータイプの製品説明
キャリーハンドル
ケースを押したり、引いたりする際に使用する取っ手です。持ち手部分の上にあるボタンを押すことで、パイプを伸縮することができます。高さを調節する際は、押しながら一番上まで伸ばしてください。その後、再度ボタンを押しながらハンドルを下に押し戻してお好みの長さに調節してください。すべて伸ばし切らずに止めると、ロックが掛からず故障や事故の原因となります。
使用方法
ボタンを押してパイプを伸縮。小型タイプは一旦ボタンを押したまま一番上まで伸ばします。
注意点
本体を持ち上げたり、過度の負荷をかけないで下さい。故障、事故の原因になります。階段などで持ち上げる際には使用しないでください。
本体ハンドル
階段等で本体を持ち上げる際にご使用下さい。
ロック部品
金具をロックのホルダーに挿入し施錠/解錠をします。
注意点
本体を開ける際は、必ずファスナーを全開にした状態にして下さい。破損、もしくは使用不可の原因となります。
中仕切り
内容物の荷崩れを抑えます。ポケット付きのものは小物の収納も可能です。
中仕切り留め具
中仕切りを枠に固定するために使用します。
注意点
内容物が多い時は無理に固定しないでください。故障の原因になります。
クロスベルト
中仕切り同様、内容物の荷崩れを抑えるために使用します。
キャスター
ケースを移動する際に使用する車輪です。タイプによりブレーキ機能の付いたものもあります。
注意点
荷下ろしや階段で大きな衝撃を与えるとキャスター部品や本体が破損する場合があります。
車軸にビニールやひもなどが巻き込まれると回転しなくなる場合があります。
坂道や電車内等で不用意にケースが動き、思わぬ事故になる場合があります。
底足
ケースを横向きにして置く際に使用します。

お困りごとから探す

保証について

弊社では、お客様へより良い製品をお届けできるよう品質及び信頼性の向上に努めておりますが、稀に不具合が発生してしまうことがございます。また、使用環境や使用条件により、耐久性が異なります。付属の取扱説明書、及び上記「製品の正しい取り扱い方」をよくお読み頂き、充分ご配慮の上ご使用ください。万が一お気づきの点がございましたら、大変お手数ですがサービスセンターまでご連絡頂きますようお願い申し上げます。

修理について
到着空港や交通施設内で、スーツケースが壊れて戻ってきた場合

スーツケースがお手元に戻ったら、預けた際に生じた破損等がないかをご確認ください。もし破損や故障が生じていた場合は空港や交通施設等の外に出られる前に御利用になられた交通事業者のカウンター等でお荷物が破損して戻った事を申告してください。

旅行保険に加入している場合

旅行保険に加入されている場合は、修理に際する費用を保険金として請求できる可能性があります。その場合、下記のような書類が必要となります。(これは一例であり、対応は各社異なりますので、詳しくはご自身が加入している保険会社またはクレジットカード会社等にお問い合わせください。)

航空会社に預けた荷物の破損事故の場合

  • 航空会社からの事故証明書

その他破損事故の場合

  • 第三者の証明書
  • 破損状態を写した写真
  • 修理に際する見積書または領収書
メーカー1年間無償修理サービスについて
  1. お買い上げ日より1年間、記載の内容で無償修理を行うことをお約束するものです。
       
    1. 無償修理サービスは原則的に期間中1回とします。なお、2回目以降は部品代金のみをお客様にご負担頂きます。
    2. 修理サービス内容は製品が機能上使用可能になるまでの修理と致します。キズ等の復元、汚れ等の除去など通常使用に差し支えない修理は除きます。
  2. お客様修理依頼カードにお客様のお名前、ご住所、お電話番号、ご発送日、修理依頼箇所等、必要事項をご記入の上、レシートや領収書などのお買い上げ票(コピー可)を必ず貼りトラベルケースの中に入れて発送してください。お客様修理依頼カードとお買い上げ票が無い場合は無償修理の対象になりませんので大切に保管してください。
  3. 修理品の発送は下記修理センターに直送、または持込みにてお願いいたします。修理センターヘの送料は、お客様にてご負担ください。また修理完了品の運搬費は弊社にて負担致します。 修理センター以外の販売店へ修理品をお預けになった際は、有償となる場合がございますのでご了承ください。 商品の修理対応については、日本国内のみの対応となっております。海外からの修理の受け取り、発送は出来ませんので、恐れ入りますが日本国内よりご依頼お願い致します。
  4. 保証対象
    • キャスター及びキャスター取付け部及びハンドルの損傷
    • フレームの歪み
    • ロック及びキーの破損
    以下の場合は除きます。
    • 故意、重過失
    • 摩耗、内外装の汚損、腐食等
    修理品の到着後通常2~3週間程度で修理品をお届けさせて頂きますが、破損状況、修理センターの混雑状況により返送に日数がかかる場合がございますのでご了承ください。

ご購入

ご使用

万が一破損した場合

修理依頼

修理センターでの修理

 

お客様修理完了品の受取

「お客様修理依頼カード」サンプル

取扱説明書サンプル
修理依頼頂く流れ(ご送付・お持ち込み)

ご送付の場合

  1. 事前にメールまたはお電話にてご連絡いただけますとスムーズに対応できます。(場合によりお客様のお手元で問題解消する事もございます)
  2. 修理依頼品を弊社に送料元払いにてご送付ください。(お客様のお名前、ご住所ご連絡先、故障の内容等を記したメモを添付してください)
  3. 弊社担当者より、修理内容や見積もりのお知らせをいたします。
  4. 内容をご了承頂き、修理着手致します。修理期間は修理内容や状況によりますが1週間から3週間程になります
  5. 修理完了品を宅配便にて発送(有償時、代金引換配送)致します。ご来社頂き、お渡しする事も可能です

お持ち込みの場合

  1. 事前にメールまたはお電話にてご連絡いただけますとスムーズに対応できます。(場合によりお客様のお手元で問題解消する事もございます)
  2. 弊社(アクセスマップはこちら)へ営業時間内にお持ち込み頂き、修理依頼内容をお伝えください。
  3. 弊社担当者より、修理内容や見積もりのお知らせをいたします。
  4. 内容をご了承頂き、修理着手致します。修理期間は修理内容や状況によりますが1週間から3週間程になります。
  5. 修理完了連絡後、ご来社頂き修理完了品の引き渡しとなります。受付時に修理費・返送料を頂きご自宅へ発送する事も可能です。
修理内容・費用一覧(概算)

下記金額等は目安として記載されております。

送料等は含まれておりません。

価格はすべて税込みで表記しております。

販売店様にお持ち込み頂いた場合は下記内容が適応されません。

修理項目 修理内容 修理費用(修理期間) 修理詳細
本体ボディシェルの割れ 補強修理1ヶ所破損箇所の裏側に補強材を特殊接着します 3,300円~6,600円(3週間)
  • 外装の補修(パテ埋め、塗装等)は致しませんので修復痕が残ります
  • 接着加工の影響で表面にシワや変形が生じる場合があります
  • ボディシェルの交換には対応しておりません
本体ボディシェルのコーナー部凹み 凹み矯正 2,200~4,400円(1~3週間)
  • 形状にいびつさが残ります
  • 破損の状態により修理不可の場合があります
  • 本体ボディシェルのキズや表面層の?がれ等、外観上の補修には対応しておりません
スムーズに走行出来ない(キャスター部品の損傷、破損) キャスター交換個数により金額が異なります
1箇所 2,200円~3,300円
2箇所 3,850円~5,500円
3箇所 5,500円~7,700円
4箇所 7,150円~9,900円
(各1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
  • 部品完了に伴い代用部品の使用又は修理不可となる場合もあります
  • 状態を確認後、交換が必要な箇所数をお知らせします
スムーズに走行出来ない(キャスター付近にボディ損傷がある) 「本体ボディシェルの割れ」の項目をご参照ください
ロック部品の故障によりスーツケースの開閉がうまくいかない ロック部品交換
ファスナータイプの場合 2,750円~3,850円
フレームタイプの場合(1箇所) 2,200円~2,750円
フレームタイプの場合(2箇所) 3,850円~4,400円
(各1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
ボディーフレームの変形によりスーツケースの開閉がうまくいかない フレーム矯正 2,200円~5,500円(1週間~10日)
  • 矯正しきれず歪みが残る場合があります
  • フレームのキズや削れは修復できません。
ハンドル部品破損(固定ハンドル) 部品交換 2,200円~5,500円(1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
キャリーハンドル故障 キャリーハンドル交換、グリップ部 部品交換、内部 部品交換
キャリーハンドル交換 3,300円~4,400円
グリップ部 部品交換 2,750円~3,300円
内部 部品交換 2,750円~3,300円
(各1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
キャスターの損傷、欠損 キャスター部品取り付け 1,650円~2,200円/1箇所(1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
外部ファスナー金具部品の損傷・欠損 ファスナー金具交換、引き手金具のみ交換
ファスナー金具交換(1箇所) 2,200円~2,750円
ファスナー金具交換(2箇所) 3,300円~3,850円
引き手金具のみ交換(1箇所) 1,100円
引き手金具のみ交換(2箇所) 1,650円
(各1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
  • ファスナーコイル(レール)部の損傷によるファスナー全体の交換には対応しておりません。ファスナーコイル断絶や損傷がひどい場合修理不能となります
内装仕切りフックの破損 部品交換
1箇所 1,100円~1,650円
(1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です
内装ベルト固定部品の破損 部品交換
1箇所 1,100円~1,650円
(1週間~10日)
  • 修理期間は受付の時点で部品のご用意がある場合です

ロジェールジャパン製品以外の保証については、こちらをご参照ください。

鍵・パーツの販売について
スペアキーのご購入方法
  1. お電話もしくは問い合わせフォームからご連絡ください。在庫の確認を致します。
  2. 在庫確認後、
    • (1本につき)1,100円(税込)分の切手
    • お名前、ご住所、電話番号、鍵番号を記載したメモ用紙
    を封書にてお送りください。
  3. 到着次第、数日で弊社よりご注文の鍵を郵送致します。
  4. お手元に届き次第、鍵の一致をご確認ください。
  • 直接ご来社の上、現金にてご購入も可能です。在庫の確認をしますので事前にお問い合わせください。
  • 口座振込み、または佐川急便の代金引換も対応しております。お急ぎの場合はご相談ください。その際の振込手数料及び代金引換手数料はお客様負担となります。
その他部品のご購入希望の方

該当の部品在庫を確認しますので、メール等で部品や本体の写真を(複数)添付してお送りください。

Q&A

商品はどこで購入することができますか?
弊社は、日本全国の店舗に商品を提供しております。各地域の店舗でお買い求めください。
弊社ECサイトから商品をご購入される場合はこちらから。
キーをなくしてしまいました。
キーは1つに付き¥1,100(税込み)にてお取り寄せすることが可能です。詳しくは上記の『鍵・パーツの販売について』をご確認下さい。
スーツケースのロックの使用法がわかりません。
スーツケースの型番によって付属のキーがあるもの(シリンダーロック)と、無いもの(ダイヤルロック)がございます。
スーツケースが壊れてしまいました。修理を依頼できますか?
修理を承ることは可能です。修理を希望される際には、こちらのお問い合わせフォームに必要事項を記入の上、ご連絡下さい。
スーツケースのパーツのみ取り寄せることは出来ますか?
パーツのみ取り寄せることも可能です。ただし、お客様ご自身でお取り付けや交換が難しい場合がありますので、弊社でお預かりして修理することをお勧めします。
修理品を持ち込むことは可能ですか?
お持ち込み可能です。持ち込まれる際には、営業時間内にお越しください。
商品の返品は可能ですか?
大変恐れ入りますが、弊社での対応は出来かねます。お買い求めいただいた販売店にお問い合わせ下さい。
バッグのショルダー部分が切れてしまいました。修理を依頼することは可能ですか?
修理を承ることは可能です。修理を希望される際には、こちらのお問い合わせフォームに必要事項を記入の上、ご連絡下さい。